膝の痛み | 札幌市北区の整骨院なら交通事故治療の「TKM整骨院」

下肢(股関節・膝関節・足関節)

Lower extremities

膝の痛み

先日、膝に痛みがあり、整形外科を受診して、「レントゲン上問題なし、2週間くらい様子をみてください」

と言われたが、痛みが続くので来院されました。

 

初検の結果、「関節包の肥厚(タナ障害)」でした。

膝関節内にある関節包が肥大して、膝蓋骨と大腿骨の間に挟まる病態です。

原因は、大腿部前面の筋力の弱化に伴い、膝関節に負担がかかり、関節包が変形したことです。

少し運動した後に、痛みは軽減しました。

 

整形外科医は、レントゲンでしか診察できないのでしょうか?

関節包は骨ではないので、レントゲンには描写されません。

整形外科に通院しているが、痛みが変わらない方は、当院へお越しください。

 

札幌で整骨院をお探しの方は札幌駅北口近くのTKM整骨院までお越しください(肩や腰の痛みでお悩みの方から運動によるケガの施術やリハビリ、交通事故治療を得意としております)

下肢コラム一覧へ >